容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

タイムラインをカラムで管理―Twitter中・上級者にオススメのAndroidアプリ「TweetDeck」

  1. 2011/06/26(日) 14:55:40|
  2. 話題のニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TweetDeckにこんな事実が!!
この記事おもしろいですね♪

以下、(タイムラインをカラムで管理――Twitter中・上級者にオススメのAndroidアプリ「TweetDeck」 (+D Mobile) より引用)

タイムラインをカラムで管理――Twitter中・上級者にオススメのAndroidアプリ「TweetDeck」 (+D Mobile)

 Twitterを使い続けていると、気になるユーザーをリストにまとめたり、検索キーワードを登録してチェックしたりと、さまざまなタイムラインをチェックするようになる。見るべきタイムラインが増えると、情報を一元的に素早く閲覧したくなるだろう。

 そんなユーザーにオススメしたいのが「TweetDeck」というTwitterクライアントだ。PCやiPhone版に加え、Androidアプリも用意されている。各種のタイムラインを“カラム”として画面に追加していけるのが特徴で、Androidアプリでは左右のフリックでカラムを切替えながら閲覧できる。また、Facebookやfoursquareなど、Twitter以外のソーシャルサービスもカラムに加えられ、簡易的に利用できる。早速、使い勝手をレビューしよう。

 初めてアプリを起動すると、Twitter、Facebook、Google Buzz、foursquareのアカウントを入力する画面が表示される。ここで、登録したいサービスのアカウント情報を入力すれば、すぐにTweetDeckを利用できる。

 面白いのが、TweetDeck独自のアカウントを追加できるところ。アカウント追加画面の最上部にある「Sign in to TweetDeck」から設定できる。独自アカウントを使うと、TweetDeckに追加したアカウント設定がデスクトップ版やiPhone版など複数のTweetDeckクライアントと同期する。ほかのクライアントですでに登録したアカウントがあれば、パスワードなどを入力する手間なく自動的に追加されるので便利だ。

 カラムに追加できる情報はさまざまで、筆者の場合はリストをカラム化して便利に使っている。もちろんリストだけでなく、キーワードやハッシュタグの検索結果、ほかのユーザーのツイート一覧、お気に入りなども追加可能だ。カラムの切り替えは左右のフリック操作で行えるので、片手がサクサクと操作できる。

 企業で使う場合、自社あるいは競合サービスの名前やハッシュタグの検索結果、業界人のツイート一覧などをカラムに追加しておけば、これらの情報を素早く閲覧できるようになっていいだろう。

 ホーム画面の下に並ぶ人型アイコンをタップすると、よく連絡を取るユーザーなどを一覧画面に追加することができる。ここにユーザーを追加しておくと、そのユーザーのプロフィールにすぐアクセスできるだけでなく、つぶやきを投稿する際にユーザー名を簡単に含めることができる。

 Facebookに関しては、自分のニュースフィードやほかのユーザーのウォールをカラムに追加し、閲覧できる。ちなみにホーム画面では、Twitterアカウントのタイムラインと、追加したそのほかのソーシャルサービスの最新情報が一元的に見られるようになっており、ひとつのタイムライン上で情報をチェックすることが可能だ。Facebookの投稿が青色で表示されるなど、色づかいでどのサービスの投稿なのか一目で分かるのがいい。

 なお、ホーム画面で「MENUボタン→Column Settings→Also include updates from」と遷移し、追加したソーシャルサービスのチェックを外せば、ホームのタイムラインに含まれなくなる。Twitterのタイムラインのみを見たいユーザーは、チェックを外しておこう。

 Twitterアプリとしての使い勝手はオーソドックスだが、ちょっと分かりにくいのがタイムラインの手動更新方法。多くのTwitterアプリでは最新のつぶやきをスクロールすることで更新されるが、本アプリでは画面最上部にあるステータスバーのすぐ下、「Home」や「Me」などの部分をタップすることで更新される。

 そのほか、あえて難点を挙げるとすれば、説明がすべて英語なので少しとっつきにくい。とはいえ、使い方は簡単なのであまり悩むことはないだろう。そのほかの利便性を考慮すれば、TweetDeckは積極的に利用するに値するTwitterクライアントだ。Twitterをはじめとするソーシャルサービスの一元管理を検討しているなら、一度使ってみることをオススメする。

どうやったらこうなるんでしょう。
これは気になります!!

(プロモバ)

引用はここまでです。

記事を書いた人のセンスがいいです。
ワケアリってのもいいもんです。

Twitter使い方 Tweetdeckでつぶやきを投稿

高機能ランニングウォッチでトレーニングに挑戦

  1. 2011/06/20(月) 01:03:40|
  2. 話題のニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ランニングウォッチの最新ニュース解説!!
これはこれでおもしろいです。

以下、(高機能ランニングウォッチでトレーニングに挑戦 …GARMIN ForeAthlete410 (レスポンス) より引用)

高機能ランニングウォッチでトレーニングに挑戦 …GARMIN ForeAthlete410 (レスポンス)

◆使うほどにハイエンドモデルであることを実感

GARMINのGPS搭載ランニングウォッチのハイエンドモデル『ForeAthele410』を2週間ほどだが、ジョギングや自転車でのトレーニングに使ってみた。

[関連写真]

まず試してみたかったのは、タッチベゼルの使用感だ。初期設定で使ってみると、なるほど、ディスプレイの周りの灰色のリングを触ったりなでたりするだけで操作ができる。タッチすることでボタンのように、撫でることでダイヤルのように使えるのだ。

慣れてくるとそれなりに使いやすいタッチベゼルだが、正直なところ、ボタン操作を上回るほどの使いやすさはないと感じた。ただ、タッチベゼルは4個のボタンと1個のダイヤルの役目を兼ねている。もしこれを本物のボタンやダイヤルに置き換えたら、ForeAthlete410はさぞゴテゴテした物々しいデザインになっただろう。それを考えれば、タッチベゼルを採用したメリットは十分にあるといえる。

さて、実際にトレーニングに使ってみると、まずありがたさを感じるのがHotFix機能だ。下位モデルのForeAthlete210ではトレーニングモードを起動してからGPSを補足し、走り出せるまでに数十秒かかるが、ForeAthlete410ではこれが数秒で済む。トレーニングの種類を選ぶなどの操作をしていれば実質的に待ち時間ゼロでスタートできることが殆どで、これは非常に快適だ。

走行中は走行距離、走行ペースなどをリアルタイムに表示できる。ベゼルタッチで表示内容の切り替え、ベゼルの2ヶ所を同時タッチでバックライト点灯と、このあたりの操作性はなかなかいい。また、下位モデルのForeAthlete210にはない機能として、自動ポーズがある。これは信号待ちなどで止まったときに計測を一時停止するもので、信号の多い市街地コースを走るときは非常に有用だ。

ジョギングと自転車の両方に使ってみたが、最も単純な使い方をした場合でも、走行距離の目標設定、バーチャルパートナーのペース設定などは別々に保存される。これは非常に便利だ。ただ、自転車ではディスプレイを見るときに片手運転となってしまうし、ベゼルをタッチするなどの操作も止まらないとできない。腕時計型なので仕方ないが、自転車に取り付けるアダプターのようなものがあれば、と思わずにいられなかった。

トレーニングが終わったら、自宅に戻ってForeAthlete410を無造作に机の上に転がしておく。たったこれだけで、数分後には今日のトレーニングデータがパソコンに転送され、GARMINコネクトにもデータがアップロードされる。これは実際に使ってみないと実感しにくいかもしれないが、本当にこの上もなく便利だ(もちろん、必要なソフトがインストールされたパソコンが机にあって、それは起動している必要はある)。

最近はスマートフォンをランニングウォッチのように使えるアプリがあるが、使ってみると重く大きなスマートフォンを身に付けて走るのはかなりつらい。ただ、非常に便利なのが、データが勝手にWebサイトにアップロードされることだ。スマートフォンはもともと通信機器なので当たり前だが、この利便性は一度味わうと捨てがたいものがある。ForeAthlete410のワイヤレス機能はこれと同じくらい便利だ。

日本中どこからでもデータをアップロードできるスマートフォンと、自宅のパソコンから1メートル以内でないとワイヤレス機能が使えないForeAthlete410。通信機能のスペックとしては比較にならないが、現実問題として、トレーニングのために外出してそのまま何日も自宅に戻らない人などいないだろう。したがって実際の使用感は全く同じといっていい。

◆書ききれないほどの便利な機能

ForeAthlete410は非常に多機能だ。ここで主な機能を紹介しよう。

●バーチャルパートナー
ディスプレイ上に自分とバーチャルパートナーを表すふたり分のアイコンが表示され、ペース配分を助けてくれる機能。バーチャルパートナーのペースはあらかじめ設定できるだけでなく、走行中でも簡単に変更できる。実際に使ってみるとこの機能は驚くほどモチベーションの維持に役立つ。辛くてペースを落としたい時でも、ディスプレイを見ると「負けたくない」という気持ちから頑張ってしまうのだ。

●コース機能
一度走った走行ルートをコースとして登録できる機能。コースの表示画面ではコースの距離、ゴールまでの所要時間の予想などが表示されるほか、以前にそのコースを走ったときと比較して現在のペースが早いか遅いかも表示される。また、進むべき方向が矢印で表示されるのでコースを間違えた時も素早くコース上に復帰できる。

コース機能はGARMINのランニングウォッチに以前から搭載されてきた機能だが、自分で走ったルートでないとコースとして登録できないため、今ひとつ用途が広がらなかった。しかし、現在ではGARMINコネクトで公開されている他のユーザーの走行データをコースとして登録できる。これにより、初めてのコースを、ForeAthlete410にガイドしてもらいながら走ることができるようになった。

●ゴール機能
「一ヶ月で100キロ走る」などの目標を設定する機能。目標をどれくらい達成したかがグラフで表示される。バーチャルパートナーが走るペースを上げるモチベーションにつながるのに対し、こちらは走る距離を伸ばすモチベーションに繋がる。

●自動ラップ
設定した距離ごとにラップタイムを計測する機能を持ったランニングウォッチは多いが、ForeAthlete410の自動ラップはもっと便利だ。周回コースを走れば、スタート地点に戻ったときに自動的にラップを刻んでくれる。これは元の位置に戻ったことを検知できるGPSならではの機能だ。また、ランニングをしていると上り坂の頂上など区切りとなる地点で、距離と関係なくラップを切りたいこともあるが、これも可能。任意の場所をGPSで記録しておくことにより、その場所を通るたびにラップが刻まれる。

●トレーニングタイプ
ForeAthlete410のトレーニングにはシンプル、インターバル、心拍、上級などのモードがある。「シンプル」は距離やカロリーをセットして、その目標を達成するまで走るというもの。「インターバル」は一定距離を走っては休憩を入れるタイミングをアラームで教えてくれる機能で、中級者以上がペースアップを狙ったトレーニングをするのに適している。

「心拍」はオプションのハートレートセンサーと組み合わせて使う機能。設定した範囲から心拍数が外れるとアラームで知らせてくれる。この機能を使うと効果的な有酸素運動を行うことができ、ダイエットに最適だ。最後の「上級」は距離や心拍数によりトレーニングを複数組み合わせて複雑なトレーニングをプログラムできる機能。上級トレーニングの作成はパソコン上で行い、ForeAthlete410に転送するようになっている。


◆パソコンやネットとの組み合わせは必須

とにかく多機能で、複雑なトレーニングもできるForeAthlete410。その機能を使いこなすにはパソコンやネットとの連携が必須だ。すでに紹介したコース機能や上級トレーニング機能は、パソコンがなければ使えない機能といっていい。

GARMINではパソコン用のソフトとして「トレーニングセンター」を提供しており、このソフトの国内正規代理店であるいいよねっとのWebサイトからダウンロードできる。また、すでに紹介したとおり、ネット上のサービスとしてGARMINコネクトも提供されている。

トレーニングセンターはトレーニングのデータを保存してグラフ化したり、上級トレーニングなどの複雑な設定を行うことができる。一方、GARMINコネクトもデータの保存、グラフ化ができ、加えて他のユーザーの公開しているコースをForeAthlete410に転送することもできる。どちらもデータの保存という機能は同じで、それ以外の機能が異なっているのだ。

どちらをどのように使うかは自由だが、パソコンの故障などでデータが消える心配がないGARMINコネクトをメインにして、上級トレーニングの設定などGARMINコネクトではできない機能を使うときにトレーニングセンターを使うのがいいだろう。

GARMINコネクトはよく考えられた使いやすいサービスで、データをアップロードすれば走ったコースや走行ペースなどの各種データが、1ページに見やすくレイアウトして表示される。トレーニングの記録としてはほぼ完璧で、記録アップのために自分の走りを分析したいという人の要求にも十分答えてくれる。

GARMINコネクトにはエクスプロールという機能があり、トレーニングのデータを世界中で共有できる。すでに紹介したとおり、ここで見つけた他のユーザーのデータをForeAthlete410に転送してコースとして使えるため、エクスプロールのデータの充実度は重要だ。

日本にGARMINのユーザーがどれほどいるものか、最初は不安だったのだが、失礼を承知で言えば、意外にもたくさんのデータがエクスプロールにはアップされている。筆者の住む田舎町で検索してもそれなりにヒットするし、東京などの大都市なら多すぎて選ぶのに困るほどだ。

とたえば近所の公園を初めて走るとき、あらかじめエクスプロールで検索して見つかったデータをコースとしてForeAthlete410に転送しておけば、道に迷う心配がない。

《レスポンス 山田正昭》

しかし、間違ってもいるような。
これってもしかして・・・

【関連記事】
天体追尾撮影も---カメラ用GPSユニットをPENTAXが発売
観光情報ポータルサイトにGPS&SNS機能を追加
KDDIとコロプラが業務提携…位置情報ゲーム
GARMIN ForeAthelte 特別編集
GARMIN ガーミン 特別編集

引用はここまでです。

ホームページ (PC・ケータイ)・SNS・ツール・その他

共感することができますね♪
何はともあれ、良かった良かった♪

☆new balance sports monitors ☆ ランニングウォッチ ニューバランス Sport Chrono 30 Max 50059

☆new balance sports monitors ☆ ランニングウォッチ ニューバランス Sport Chrono 30 Max 50059

■ニューバランスから、ランニング時にラップをより手軽に測れ、ペースアシスト機能がついたシリーズが2009年11月に発売されます。■従来のランニングモデルに比べ、計測できるラップ数を100から30、50へと減らすことで、自分自身にあったラップ数を選べ、価格も手頃になりました。更に、走行中にラップ画面切り替えも可能で、使用していない時には休止モードとなるパワーセーブモードも搭載しています。■大型画面で見やすく、軽量、フィット感抜群で、これからの時期マラソンに向けてトレーニングし始める人に最適です。◇ 30ラップメモリ◇ 20時間クロノグラフ◇ スプリット/ラップ表示切替◇ 5インターバルタイマー◇・・・SCゆうの商品はコチラ

¥6500

ソフトバンクが携帯Wi-Fiルーター「006Z」発売、新料金プランも

  1. 2011/06/16(木) 01:43:22|
  2. 話題のニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Wi-Fiルーターについてのさらなる情報!!
えっ、って思わず声が(笑

以下、(ソフトバンクが携帯Wi-Fiルーター「006Z」発売、新料金プランも (Impress Watch) より引用)

ソフトバンクが携帯Wi-Fiルーター「006Z」発売、新料金プランも (Impress Watch)

 ソフトバンクモバイルは、下り最大7.2Mbpsのデータ通信に対応したZTE製のモバイルWi-Fiルーター「006Z」を6月18日に発売する。

 「006Z」は、対応エリアにおいて、下り最大7.2Mbps、上り最大5.8Mbpsのデータ通信が可能なZTE製モバイルWi-Fiルーター。IEEE802.11b/g/nに準拠し、簡単接続機能WPSに対応する。スマートフォンやタブレット型端末、ポータブルゲーム機など最大10台までのWi-Fi機器が接続できる。大きさは101.8×51.8×13.65mm、重さは約80g。連続通信時間は約4時間。

 当初、2010年冬・2011年春の新商品として発表され、3月下旬以降の発売とアナウンスされたが、夏モデルが続々と登場する時期まで発売がずれ込んでいる。

● 1.5GHzと1.7GHzに対応、専用SIMカード提供

大げさかもしれませんが(笑
これってもしかして・・・

 「006Z」では、国内における通信方式として、1.5GHz帯と1.7GHz帯のW-CDMA方式に対応する。海外においては2.1GHz帯のW-CDMAもサポートされる。1.5GHz帯のソフトバンク網をメインエリアとし、サブエリアとして1.7GHz帯を利用する。この1.7GHz帯は、イー・モバイルのインフラをソフトバンクがMVNOとして利用するものだ。

 従来、ソフトバンクのデータ通信端末では、ソフトバンクの2.1GHz帯を従量課金制の料金プランで、イー・モバイルの卸売り回線を定額制の料金プランで提供しており、2枚のSIMカードを差し替えて利用する必要があった。

 「006Z」では、新たに専用SIMカード「データ通信USIMカード(Dual)」が採用される。1枚のSIMカードでソフトバンクの1.5GHz帯と、イー・モバイルの1.7GHz帯が利用でき、海外においては2.1GHz帯も使える(定額対象外)。

 前述した通り、メインの通信網は1.5GHz帯の3Gハイスピード(最大7.2Mbps)となり、優先的に接続される。

● 新料金プランと新パッケージプラン

 現時点での対応機種は「006Z」のみだが、料金プランも新設される。ソフトバンク網向けの「データフラットプラン」は月額6380円で、イー・モバイルの卸売り回線を利用するサブエリア向けの料金プランは、月額7380円の「データフラットプランS」が用意される。いずれも定額制となり、単体契約が可能となっている。パケット単価は0.042円。

 なお、「データフラットプラン」は、前々月の月間パケット通信量が3000万パケットを超えると速度制限対象となる。「データフラットプランS」は、24時間毎のパケット通信量が300万パケットを超えると、当日の21時〜翌2時にかけて速度規制対象となる。

 2つの料金プランを合わせて契約する場合、パッケージ料金プラン「データし放題」が適用される。「データし放題」は、基本利用料が月額525円、パケット通信料金は、1カ月あたり875円〜4410円の2段階制となるため、1カ月あたりの総額は1400円〜4935円となる。パケット単価は0.042円。

 「データし放題」の開始にともなってキャンペーンも実施される。11月30日までに「データし放題」を新規契約すると、上限額が安くなり、月額1400円〜4380円となる。

 なお、「データし放題」は新規契約のみ適用され、2年契約を前提したパッケージ料金プランとなる。契約事務手数料は「データフラットプラン」のみかかる。2年未満で途中で解約した場合、契約解除料として9975円がかかる。前述の2つの料金プランのうち、一方だけ解約した場合も契約解除料は9975円となる。

 「データし放題」は、ソフトバンクのマイレージサービスのポイント加算対象外となるほか、MNPは転出転入ともにできない。

 このほか、ソフトバンクでは、「データし放題」および「データし放題サブエリア」の通信エリアについて、「政令指定都市、県庁所在地をはじめとした全国の都市(順次拡大)」と案内している。


【INTERNET Watch,津田 啓夢】

【関連記事】
ソフトバンク10年冬〜11年春モデル、スマートフォン全機種にAndroid 2.2 (2010/11/4)

引用はここまでです。

めったにないことですよね。
ん〜、あと一押しがほしいですね。

期間限定早いもの勝ち IPHONE4,GALAXY Sの3Gよりさくさく快適節約ipad,iPod touchでどこでもインターネット 特典満載 即日発送 送料代引手数料無料 【21Mbps  ポケットWIFI 最大25ヶ月間月額3880円さらに特大ボーナス】【送料無料】★Pocket WiFi  GP01【イーモバイル】GP-01〔pocketwifi〕★emobileモバイルWi-Fiルーター【smtb-u】ポケット WI-FI wimax ルーター 【YDKG-u】

期間限定早いもの勝ち IPHONE4,GALAXY Sの3Gよりさくさく快適節約ipad,iPod touchでどこでもインターネット 特典満載 即日発送 送料代引手数料無料 【21Mbps  ポケットWIFI 最大25ヶ月間月額3880円さらに特大ボーナス】【送料無料】★Pocket WiFi  GP01【イーモバイル】GP-01〔pocketwifi〕★emobileモバイルWi-Fiルーター【smtb-u】ポケット WI-FI wimax ルーター 【YDKG-u】

【YDKG-u】早いもの勝ち限定 期間限定で1円ポケットWIFI専用シリコンカバー6月17日登録分からです。 にねんS G4データプラン 最大25ヶ月間 月額3880円速度7.2Mbpsエリアでも使用可能です開通月は使用料金は日割りになります★契約種別は「にねんS」になります★料金プランの詳細は下記をご参照下さい★毎月のご使用料金のお支払い方法は【クレジット】のみのお受付となります★新規事務手数料2835円が別途イーモバイルよりご請求となります★エリア内であれば全国お受付可能です★オプションの詳細説明はこちら★ 料金プランG4データプラン 最大25ヶ月間 月額3880円大容量電池パックですが地・・・イーモバイルwifiなら88モバイルの商品はコチラ

¥1

GALAXY TabをWiFiルーターにして速度計測

原発から海を守る人々の姿を描く「祝の島」、中信地域5会場で出前上映会

  1. 2011/06/08(水) 00:54:54|
  2. 話題のニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

祝の島についての記事紹介。
なぜこんなことになったんでしょうか。

以下、(原発から海を守る人々の姿を描く「祝の島」、中信地域5会場で出前上映会 /長野 (みんなの経済新聞ネットワーク) より引用)

原発から海を守る人々の姿を描く「祝の島」、中信地域5会場で出前上映会 /長野 (みんなの経済新聞ネットワーク)

 原発建設計画に反対し続ける瀬戸内海の祝島(いわいしま)に暮らす人々を描いたドキュメンタリー映画「祝(ほうり)の島」の出張上映会「コタツだんらんツアー in 信州」が6月13日〜17日、中信地域5カ所で開催される。(松本経済新聞)

 同作品は、山口県熊毛郡上関町祝島で、上関原子力発電所建設反対を29年にわたって続ける島民たちに約2年間密着したドキュメンタリー作品。昨年6月に東京と広島で単館ロードショー、それ以降は全国各地100カ所以上で上映会が行われている。昨年11月からは「より多くの人に見てもらう機会を」と、機材を持ち込んでスタッフが出張して上映する「コタツだんらんツアー」もスタートした。

 「コタツだんらんツアー in 信州」は13日、辰野町からスタート。松本市、安曇野市、池田町、大町市と1日ずつ移動しながら中信地域5カ所で上映会を開催する。全会場、飲食物の持ち込みが可能で、お茶やお菓子のサービスや食事の予約ができる会場も。松本会場の「ホテル玉之湯」(松本市浅間温泉1)では、大浴場の利用もできる(500円)。

 同企画は、先月、富士見町で行われた上映会にメンバーの一人が参加したことがきっかけ。「ぜひもっと多くの人に見てもらいたい」とメンバーを集め、実行委員会を立ち上げた。12人のメンバーは主婦や自営業など仕事もさまざま。「もともと(原発問題に)関心がある人たちというよりは、一緒に学びたいという気持ちの人が集まった」と同実行委員会・広報担当の山崎広太さん。山崎さん自身はまだ同作品を見ていないというが、「原発がもたらす『金』や『雇用』に頼らず、自然の恵みを大切にしていこうとする島の人々の日常の姿を撮った映画だと聞いている。反対運動ではなく、日常生活を中心に追っている映画なので、あまり構えずに見てもらえれば」と話す。

ニュースって素敵だ(笑
これは気になります!!

 「『原発なしでこれからどう生きていくの?』ということを考える時に、この映画はたくさんのヒントを与えてくれるはず」と山崎さん。「アットホームな上映会なので、子ども連れでも気兼ねなく来てもらえれば」と参加を呼びかける。

 参加費は、事前予約=1,600円、当日=1,800円、12歳以下は無料(全会場共通)。事前予約、上映時間などはホームページで確認できる。

【関連記事】
松本で映画「幸せの経済学」上映−「地域ならではの暮らし」考えるきっかけに(松本経済新聞)
松本で「海炭市叙景」上映−「CINEMAセレクト・アワード」最優秀映画賞(松本経済新聞)
祝の島
「祝の島」コタツだんらんツアーin信州

引用はここまでです。

共感することができますね♪
不思議と共感できました。

祝(ほうり)の島トーク

DTIブログって?